みともページ 2020年10
 
  TOP写真
2012年 2013年 ●2014
2015年
2016年 2017年
●2018年 ●2019年 2020年
写文集
わ・た・し・は・霞ヶ浦(99編

君よ、天なるものへの飛翔を試みよ

写真雑感

家族

メメント・モリ
絵:加藤瑞恵
歌:御供文範 

色は匂へど

山あいの里で

 情景

石に訊け
書物の森 

土浦幻聴
 (2016~2018)

吉瀬逍遥

poem 2019
     ぼんやりとした時間


poem 2020
    ほうきの音

写真  2020
断捨離の祈り

01 02 03   04
05  06  07  08 09 
10 11               

8月16日更新

■mitomofuminori@gmail.com


朝焼けの筑波山です。(10月18日 つくば市神郡・普門寺より撮影)
更新日 10月20日(火

いまはできるかぎり身をもちくずそう。なぜって、私は詩人になろうと思っているのだし、見者になろうと努めているからです。すべての感官を錯乱させることによって未知なるものに到達することが肝心なのです。大変苦痛ですが、そのためには強くならなければならず、生まれついての詩人でなければなりません。そして、私は自分が詩人であることに気づきました。われ思う、なんて言うのは間違いです。人われを思う、と言うべきでしょう。私とは一個の他人なのです。

【ランボー】フランスの象徴派詩人。ジョルジュ・イザンバール宛書簡。編集者訳。

「一日一文」木田元編(岩波書店)
 
【リンク】   いばぶんホームページ ●      保立道久の研究雑記
インド関係
日印タゴール協会 

タゴールハウス

タゴール国際大学

タゴール記念館

春の踊り 

南岳、タゴールに捧げる

車窓から

加藤瑞恵インド絵画展

インド視察旅行

ニランジョン絵画展

我妻和男先生と南岳書道展

インドの旅2012年夏

インドの旅2014年秋 

春になれば

スリランカの旅 2018年2月

加藤瑞恵個展 2018年10月

 中城筆供養&書道
●  保立俊一・画 
 
絵はがき「水郷の想い出」
● 2017 セピア色の青い空

 2018 セピア色の青い空
 大久保純子邸の庭
01 02 03 04  05 06   07 08  09
10  11  12  13  14  15  16  17  18